余裕を持って経営できる

安定した経営の実現のためには多めの事業資金が必要!

事業を開始するには、資金が多いほうが安心なものです。ビジネスモデルや、事業規模によっても違うものですが、会社を運営するにあたっては、資金が多いほうが、事業が成功する確率は高まります。事業を立ち上げる際には、公的機関から創業者融資を受けるなどの資金調達を考える方も多かったりするでしょうが、事業を安心して運営するためには、開業資金が多いほうが良いのは間違いありません。 事業計画を立てた時点では、計画通りに事業が進むと描いていても、経営が進んでいくに従い、状況が変わってしまい、大規模な設備投資が必要になったりすることは珍しくありません。立ち上げ当初に扱っていた商材が、いつまでも売上を上げることができず、新しい商材に切り替えるにしても、仕入れに多くの資金が必要になったり、商材に詳しい人材を雇用しなくてはいけないなど、想定外の事態を招いてしまうことは有り得るのです。 事業を立ち上げてから、金融機関に追加融資を依頼することになっても、スムーズに借り入れを行えるとも限りません。事業資金を手に入れることができなければ、計画を立てても、実行するための資金を手に入れることができず、経営が行き詰まってしまう可能性もあるのです。

開業時に必要な資金だけではなく運転資金の計算も!

会社を立ち上げの際には、設立に必要な資金だけではなく、運転資金も念頭において計算しておくことが必要です。どの程度の金額があれば、一定の期間に亘って問題なく営業できるかは、ビジネスモデルによっても違いますが、開業時に必要な資金の2倍以上は、最低でも用意しておくほうが良いでしょう。

会社を営む以上は、何かしらの取引先があるものです。相手があっての商いですから、売上があっても、入金を得られるまでには、それなりに時間がかかってしまうのが実情でもあります。会社の事業が拡大し、多くの売上を計上できるようになったとしても、取引先の支払いサイトが長い場合には、入金を待つまでに資金がショートしてしまい、事業が頓挫してしまう可能性もあるのです。

取引先からの支払いサイトが長い場合には、売上に対する売掛金を割り引いてもらうファクタリングという手段による資金調達手段もありますが、売掛金の割引を多用してしまうと、利益が減少してしまい、資金繰りに行き詰まってしまう可能性もあります。経営状況がどのような状態になったとしても、安心して経営を進められるように、会社を運営するための事業資金は余裕を持っていたほうが良いのです。

名古屋市で新規開業を行う場合、新事業創出資金という公的支援制度があります。更に資格要件を満たせば、所定の融資利率より0.1%引き下げとなる優遇措置もあり、事業資金を名古屋で調達する場合は活用したい制度です

© Copyright Business Funds. All Rights Reserved.